検査できる病院を探す

MCIのうちに予防しよう

早期発見、早期予防が鍵

MCIでの予防によって、健常に回復するといわれています。

認知症は、発症する前に予防することが大切です。
現在、認知症の症状を緩和したり、進行を遅らせる薬はありますが、根本的な治療薬は開発されていません。しかし、軽度認知障害(MCI)の時期に予防を行うことで、認知症の発症を遅らせたり、防いだりできることが最近の研究で明らかになってきています。

MCIの時期に適切な予防に取り組めば、20~40%は健常に回復するという報告があります。逆に、MCIの時期を何もせずに過ごしていると、4~5年で30~40%が認知症に移行するとも報告されています。

認知症を予防するためには、認知症を発症する前のMCIの時期、もしくはその前の無症状の時期から、予防に取り組み始めることが最も重要です。

そのためには、まず今の脳の状態を知ることから始まります。
早めに気付いて予防に取り組む、認知症予防の第一歩を踏み出しましょう。