検査できる病院を探す

MCIってなに?

MCIとは、健常と認知症の間の状態

放置すれば認知症に移行するリスクがありますが、健常に戻ることもできる状態です。

認知症という状態になってしまう前の「軽度認知障害(MCI)」と呼ばれる症状について説明します。

認知症になる前の段階に「軽度認知障害(MCI)」と呼ばれる時期があります。MCIの時は、記憶障害など一部の認知機能に低下が認められていますが、食事や入浴、着替えといった基本的な日常生活はおおむね問題なくこなせる、健常(特別な異常がなく健康な状態)と認知症の間のグレーゾーンの状態です。

しかし、そのまま認知機能の低下が続けば、認知症に移行する可能性があるとされており、この時期に適切な対応をとることが非常に重要です。
アルツハイマー病の場合は通常、20年以上かけてゆっくり認知症に移行しますが、すでにMCIの症状が出ている場合は、原因となるアミロイドβが脳内にかなり蓄積していることがあります。

認知症に移行せずにすむ確実な方法があるかどうかは、まだ研究段階ではっきりといえませんが、食習慣の見直しや適度な運動といった生活習慣の改善をして、周囲の人とコミュニケーションをとるなど、認知機能を積極的に使うことによって、認知症の発症を防いだり、進行を遅らせたりできるといわれています。

認知症と違い、MCIの場合は健常レベルに戻ることがありますので、早期に発見し、対応することが必要です。