検査できる病院を探す

MCIに気付くには

MCIは日常の生活のなかで気付くことができます

それは本当に年相応のもの忘れ?小さな兆候を見逃さないで

あなたやあなたの家族の軽度認知障害(MCI)に気付くのは、ご自身や身近な方が最初かもしれません。「少し変わってきたような気がする。」「昨年と比べると様子が違うかな?」と感じることはありませんか。

認知機能の低下と、生活への支障があるかどうかについて、注意深く観察してみてださい。

もの忘れが出てきたなと感じる場合には、その症状が進行しているかどうかがポイントになります。認知症やMCIになると症状はゆっくり進行します。ここ1~2年の様子の変化を思い起こしてみてください。

日常生活で「何か変だな」と感じる場合には、どんな事が「変だ」と感じるようになってきたのか(または上手くできないのか)、丁寧に振り返ってみると良いかもしれません。

心配な場合は、医師に相談することでMCIに気付くことができるかもしれません。以下のチェックリストを参考に、気になる場合には医師に相談してみましょう。

<MCI早期発見チェックリスト>

  • 最近の出来事をすっぽり忘れることが増えた
  • 料理の味が変わった(しょっぱい、味付けがされていない等)
  • 物やゴミが片付けられず部屋が散らかっている
  • くさいニオイに気付かない
  • 洋服の選び方がちぐはぐ(夏なのにコートを着る、一日中パジャマで過ごす)
  • 身だしなみを気にしなくなった、化粧をしなくなった
  • 人との交流を避け、家に閉じこもることが多くなった
  • 気分のムラが大きくなり、感情的になった

MCIに気付ければ、予防によって健常に戻る可能性があります。「もの忘れくらい、よくあることだ」と見逃さず、一度しっかり向き合ってみてください。